VRは音楽を大きく変える

どうもやまりょうです。

今年の1月頃にデスクトップのパソコンを買いました。

20万円ぐらいの結構いいパソコンを買ったんですけどあんまりその性能を発揮できてないです(笑)

かなり衝動的に買ってしまったところがありまして、「なんか最新のゲームとかをパソコンでプレイしたい!」と考えての購入だったんですが、結局のところあまりゲームしてないです(´・ω・`)

やはり小さい頃と違って長い間ゲームに没頭できないんですよね~…

そんな僕ですが、懲りずに今度はVRに興味を持っています。

新しいものが好きなんですよね~結局(笑)

一応自分のPCのスペックであれば最新のVR機器も問題なく使えるらしいので、今が買い時か!と思ったりしてます、なんかゲームをやらなくなった時の二の舞になる気もしますが…(笑)

さて、少しずつ私たちの世の中に浸透していくであろうこのVR技術。

これは私たちの音楽体験も新たなステージへと引き上げることになるんじゃないかと自分は考えています。

今回はVRやARなどについてその特徴を見たうえで、今後どのように活用されうるかを考えてみます。

VRとかARとか、何が違うの?

「なんかVRとかARとかいう言葉は最近よく聞くけど、イマイチ違いが分からない…」

「VRとかってそんなにすごいの?」

VRなどの技術はまだまだ僕たちにはあまり身近でないため、このような感想を持っている人も少なくないと思います。

ですのでまずはVRやARなどの技術がどのようなものなのかを説明します。

VRは「もう一つの現実」

VRとはVirtual Realityの略称です。

日本語で「仮想現実」と訳されるように、現実に限りなく近いような人工的な現実です。

コンピューター上に作り出される人工的な環境を体験するわけですが、この再現度が高いほど高い没入観を得られます。

これはVRを体験した男性のリアクションを収めた動画です。

とってもいい反応ですね(笑)

これほど衝撃的な体験ということでしょう(笑)

 

もしかしたらVRを3D映像のようなものだと解釈している人もいるかもしれません。

ですがVRはそういったものとは大きく異なります。

自分の視界に映る全てが仮想の現実であり、それが映像だという感覚を忘れてしまいます。

また「仮想現実」という名の通り、自分の周り360度すべての景色を見渡すことができます。

後ろを振り向いてもそこにはしっかりと仮想の現実が存在しているということです。

限りなく現実に近づくことによって、仮想現実が私たちにとって「新しい現実」になる可能性を秘めています

ARは現実を拡張するもの

VRと違いARは現実世界の情報をベースにしています。

つまり現実世界の情報にデジタルの情報を付与することによって生活の利便性を高めたり、新しいエンターテイメントを提供します。

例えば去年世界的に大流行したポケモンGOがこうしたARを利用したものの一つですね。

カメラに写し出された現実の風景にポケモンが投影されることで、ポケモンがそこにいるかのような映像を見ることができました。

MR(複合現実)

似たような技術としてMRというものも存在します。

これはARとVRの両方の特徴を兼ね備えたような技術です。

日本語では「複合現実」と呼ばれます。

現実と仮想現実を重ね合わせる技術のことなのですが、こう聞くとARと同じように聞こえてしまうと思います。

ARは現実世界をベースにデジタルの情報を付与しますが、MRにおいてはベースは仮想現実であり、そこに現実世界の情報を付与することでより高い没入観を得ることが出来ます。

この技術が発展すればどこまでが現実でどこまでが仮想現実なのか分からなくなるかもしれません。

新たな音楽体験へ

VRなど仮想現実を利用した技術は音楽体験にも大きく影響を与えると僕は考えています。

例えば「仮想現実上でのライブイベント」みたいなことが実現すると考えられます。

「現在の若者の6割以上がインターネットを自分の居場所だと答えた」みたいな記事をどこかで目にしましたが、そうした事実があるとするならば今までライブイベントに興味がなかったような層が新たに音楽に興味を持ったり、仮想現実上でのスターが誕生するかもしれませんね。

他にもAR技術を利用した同時翻訳技術とか。

汎用性の高い技術だとは思いますが、音楽フェスなどに際して言うのであれば、外国人の人でもARの技術を用いてリアルタイムで翻訳された歌詞を見ながらライブを見ることが出来たり

仮想現実の発展は距離的な制約や言語的な壁などを取り払い、より音楽体験を横断的で一体感のあるものにしていくのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です