強みが分からなければ、ストレングスファインダーで自分の「才能」を見つけ出そう

どうも、やまりょうです。

「自分の強みを知りたい!」
このように思ったことはありませんか?

“好きを仕事にする”ために、自分の強みを理解することはとっても大事。
でも、それが簡単にできないからこそ、多くの人が理想と現実のギャップに苦しむんだと思います。

ぼくも、「自分の強みは何か」というのを常に考えていますし、まだまだ分からない部分が多いのが正直なところ。
そこで今回は、ブロガーのイケダハヤトさんなど、多くの方が利用して好評を得ている『ストレングスファインダー』を活用してみました。

ストレングスファインダーとは?

『ストレングスファインダー』とはいったい何なのか。
以下、同ツールを活用したサービスを展開する、株式会社ハート・ラボ・ジャパンのホームページから引用します。

ストレングスファインダー®とは、米国ギャラップ社の開発したオンライン「才能診断」ツールです。Webサイト上で177個の質問に答えることで、自分の才能(=強みの元)が導き出されます。ストレングスファインダー®における「才能」は次のように定義されます。

『無意識に繰り返し現れる思考、感情、行動のパターン』
すなわち、自分の思考、感情、行動の「特徴」そのものが「才能=強みの元」だと言うのです。

引用:ストレングスファインダー®とは | ストレングスファインダーで強みを活かす 株式会社ハート・ラボ・ジャパン

アメリカ発の才能診断ツールであるストレングスファインダー。
才能というのは、その人の思考や感情、行動の特徴がもとになって発揮されるものであるとしています。

だからこそ、そうした特徴をしっかりと分析することが必要になります。
そこで活躍するのがストレングスファインダーというわけですね。

177個の質問(1問あたりの所要時間20秒)に答えることで、自分の無意識部分を可視化することができるようになっています。
自分を分析するのって、何から始めていいか分かりづらいし大変じゃないですか。
なのでこういうツールが提供されてるのは本当にありがたいですね。

『ストレングスファインダー』の診断を受けるには?

書籍を購入してアクセスコードを入手する

実際にこのストレングスファインダーの診断を受けるにはどうすればいいか。

この診断を受けるためには、アクセスコードをストレングスファインダーのWebサイトに入力する必要があります。
入手方法は、大きく分けて2つ。

  1. 書店やAmazonなどで、アクセスコードが付属している書籍を購入する
  2. ギャラップ社のHPから、アクセスコード付きの電子書籍を購入する

以前はHPにてアクセスコードのみの販売もしていたようですが、ページを確認してみたところ、どうやら現在は電子書籍とのセット販売のみみたいですね。
2に関しては翻訳版がちゃんと存在するのか不明なので、おすすめは1の、アクセスコード付きの書籍の購入です。

Amazonで普通に売ってます。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0
トム・ラス
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 86
ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう
トム・ラス バリー・コンチー
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 18,605

ぼくはなぜか、以前発売されていた『ストレングス・リーダーシップ』の方を買ってしまった←
最新版の2.0は、「強みの活かし方」に関しても教えてくれるようになってるみたいなので、そっちの方がいいかも。友人用にも一冊買おうと思ってるので、その時はまた追記します。
『ストレングスリーダーシップ』の方は、組織を率いていくリーダーのための、強みの活かし方が書かれています。

ちなみに、書籍に付属してくるアクセスコードでは自分の才能の「上位5位まで」が分かるようになっています。
それ以降の順位を知りたい場合は、HPにて$89の完全版を購入する必要があります。
個人的に上位5つを知れるだけでも充分だと思うので、ひとまず書籍を購入するのが良いでしょう。

あと1つ注意点!!
アクセスコードは複数回の使用はできないようになっています。
中古で買うと、アクセスコードがすでに使用されていて、「診断ができない!」なんてことになりかねませんので、必ず新品を購入しましょう!

アクセスコードとその他簡単な情報を入力して、診断を開始する

アクセスコードを入手したら、ギャラップ社のHPにてアクセスコードを入力します。
その後、名前や職業など簡単な情報を入力すると、診断テストが始まります。

こんな感じで5段階評価で質問に回答します。

質問の数は177問。
1問当たりの制限時間が20秒となってます。悩まずに直感的に回答しなさいということなのでしょう。

だいたい30分ぐらいで全ての質問に回答できました。

診断結果は…?

さて、診断結果はどうだったか。
34種類の分類があるストレングスファインダーの才能。

ぼくの才能1位と2位を発表します!(需要ない)

まずは第1位。

最上志向

優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。生まれついての優秀さ、飲み込みの速さ、一気に上達した技能――これらがわずかでも見えることは、
強みがあるかもしれないことを示す手がかりになります。そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。あなたは真珠を光り輝くまで磨くのです。このように、この自然に長所を見分ける力は、他の人から人を区別していると見られるかもしれません。あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。じように、自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。その方が楽しく、実りも多いのです。そして意外なことに、その方がも
っと大変なのです。

めっちゃ頷きながら読んでました。

いやー、これ面白いですね。自覚していた部分もありましたが、改めて指摘されるとますますそうだなと。
何でもこなせる万能な人材になりたいって思いは全然なくて。

弱みを克服することに時間をかけるよりは、強みを伸ばすことに時間をかけたいなと思ってしまうんですよね。
結果的にそれが自分の明確なポジションを作ることになると思っているので。

最後のフレーズがグサッと来ますね。

第2位はこちら。

ポジティブ
あなたは人をよく誉め、すぐに微笑みかけ、どんな状況においても常にポジティブな面を探します。あなたのこと
を陽気と言う人もいます。あなたのように楽天的になりたいと思う人もいます。しかし、いずれにしても、人々はあなたの周りにいたいと思います。あなたの熱意は人に伝染するので、あなたの近くにいると彼らには世界がより良いもののように見えてくるのです。あなたの活力と楽天性がないと、人は、自分の毎日は同じ事の繰り返しばかりで単調であるとか、最悪の場合、プレッシャーを重く感じてしまいます。あなたは、彼らの気持ちを明るくする方法を必ず見つけます。あなたはどんなプロジェクトにも情熱を吹き込みます。あなたはどんな進歩も祝福します。あなたはどんなことでも、よりエキサイティングで、より生き生きとしたものにする方法をたくさん考え出します。一部の懐疑的な人たちは、あなたの活発さを否定するかもしれませんが、あなたはめったにそれに引き
ずられることはありません。あなたの積極性がそれを許さないのです。あなたは、生きていることは素晴らしいという信念、仕事は楽しいものにできるという信念、どのような障害があろうと人は決してユーモアの精神を失ってはならないという信念から、どうしても逃れられないのです。

 

どうも、歩くパワースポットです。

めっちゃ褒めてもらえるじゃないですか。嬉しい。
人生楽しんでなんぼですよね。そこにはもちろん仕事も含まれる。

とにかく楽しいとかワクワクを追及して生きていたいと思ってるし、これからもその考え方は変わらないと思っています。
改めて思い出させてくれてありがとう。

自分の強みが分からない人には『ストレングスファインダー』は絶対おすすめです

自分の強みを見つけ出す『ストレングスファインダー』。
周りで多くの人が診断したことがあるということは聞いており、その評判の高さは以前から知っていました。

「本当かな~?」と半信半疑で今回挑戦してみたわけですが、かなり精度の高い診断だなと思いました。
30分ぐらいかけてガッツリ診断するだけあるなって感じです。

自分は普段から自分と向き合うことは多く、そこで考えていたことを改めて指摘されました。
「やっぱりそうなんだな」と再認識できた感じ。

それに加えて、新たな発見もありました。順位が下がるにつれて、「確かにこういう部分もあるな」って部分が見つかって楽しかったです。
「自分が強みが全然わからない…」って方はぜひ1度診断を受けてみることをオススメします!

きっと自分の人生のヒントになるような発見を得られますよ。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0
トム・ラス
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 86
ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう
トム・ラス バリー・コンチー
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 18,605
The following two tabs change content below.

やまりょう

1996年12月6日生まれ。本名は山口遼大(ヤマグチリョウタ)。 埼玉大学経済学部に所属する大学3年生で、2017年10月~2018年10月まで休学中。 “新しい時代の生き方を考える”をテーマとした個人ブログ「Ad-Libi」を運営し、「好きを仕事にする」ことに対するハードルを下げるための情報を発信。起業家やフリーランスのリアルに迫る取材活動を行う。また、ライターとして外部メディアでの記事執筆も担当している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です