学生がイベントを主催して得られる3つのメリット

どうも、やまりょうです。

学生時代、エンジョイしてますか?

「何か物足りないけど、行動するのは怖い…」

「イベントとかやってみたいけど、人が集まるか不安…」

分かりますよ~その気持ち。ぼくも今でもそう感じることがあります。

でもそれ以上にたくさんの学びや経験があるのがイベント運営!

そこで今日は、学生がイベントを開催する3つのメリットをご紹介します!

イベントを主催して感じた3つのメリット

ぼくは最近イベントの主催側として活動しています。

 

Next Creators Talk というインタラクティブなトークイベントや

ヘッドホンを付けて音楽を共有するサイレントフェス

Student×Student!のような学生向けイベント etc.

 

そんな中で感じたメリットを3つご紹介します。

それが以下の3つ。

 

1. 企画から運営までのサイクルでPDCAを学べる。

2. 新しい人とのつながりが出来る。

3. 「自分でも出来る!」という自信につながる。

 

1つずつ説明していきますね!

 

1.企画から運営までのサイクルでPDCAを学べる

ビジネスではよく使われるこのPDCAという言葉、知ってますか?

Plan=計画

Do=実行

Cheak=評価

Action=改善

これらの頭文字を取った言葉です。

出典:kigyotv.jp

この考え方はビジネスのみならず、目標を達成するためには大切なものです。

今後なにか目標を掲げて、「これを達成するぞ!」となったときにこの考え方はずっと役に立ちます。

でも普段の大学生活ではこのサイクルを自分で回すことは中々ない。これってすごいもったいないことですよね。

ところが、自らイベントを開催すると嫌でもこのサイクルに向き合わざるを得なくなります。

基本的にイベントを主催する場合、企画するのは自分。実行するのも自分が中心。

そしてイベントが終わったらどこが良くてどこがダメだったのかを評価し、次のイベントを実行します。

 

これ、結構しんどいです(笑)

当然時間もかかるし、うまくいかなくて苦しむこともあります。

例えばぼくの場合、先日開催したサイレント怪談というイベントは、集客が上手くいかず赤字になってしまいました。

その分の金額は運営チームの自腹。

でもこうしてハッキリと失敗を経験すると、

「次は絶対こんなことが無いようにしよう。」

「いったいどこがダメだったんだろう…」

と深く考えるようになります。これが自身を大きく成長させます!

ちなみに金額的には赤字でしたがイベント自体はとっても楽しかった!

出演者の方にも楽しんでいただけてよかったです。

 

 

2.新しい人とのつながりができる

2つ目のメリットは、「新しい人とのつながりができる」こと!

これも非常に魅力的な点です。

イベントを開催するにあたっては色々な人との出会いがあります。

そしてそこで出会った人たちの中には、今後も関わってくる人が出てきたりするんですよね。

例えば、学生向けに開催した「Student×Student!」というイベント。

かけ算プロジェクト!「Student×Student 」を開催しました!

2017.08.02

このイベントにはだいたい15人ぐらいの学生が来てくれたのですが、ここでの出会った学生の中から「学生村づくりプロジェクト」を手伝ってくれる人が出てきています!

ぼくが学生村をつくる理由

2017.08.16

こんな感じでイベントが終わった後も、そこでできたつながりは続きます。

自分で一歩踏み出したからこその出会いですよね!

 

3.「自分でも出来る!」という自信につながる

最後はこちら。イベントを通して自信がついてきます。

やる前は

「失敗したらどうしよう…」

「自分にはまだ早いんじゃないか…」

こんな感じのネガティブな感情が色々わいてきました。

実際やってみると、たしかに失敗もたくさんあるのですが、

「楽しかった!」

「勉強になった!」

という言葉をもらえて、「やってよかったな~!」という気持ちになりました。

そしてそれが新しい挑戦へのエネルギーになる。

イベントを楽しんでもらえたら、自身の活動についてより興味をもってもらうきっかけにもなります。

失敗をおそれずに挑戦する。この考え方は今後も大切にしていきたいです。

 

一緒にイベントやろう!

今回は、学生がイベントを開催する3つのメリットをご紹介しました。

 

1. 企画から運営までのサイクルでPDCAを学べる。

2. 新しい人とのつながりが出来る。

3. 「自分でも出来る!」という自信につながる。

 

これ以外にもイベントで得られる経験はたくさん。

「受け身な自分が嫌だ!」

「何か新しいことを始めたい!」

そんな人にはイベントの主催がおすすめですよ。

とは言っても、色々わからないことだらけで不安だと思います。

そんな人はぼくのツイッターまでDMをください!お手伝いしますよ!

 

ちなみに、初めてイベントを開催する学生には、StudentsBOXがおすすめです!

最大の理由は、会場費がかからないこと!

イベントをやる際にネックになるのが会場費。この存在があると、赤字の恐怖がつきまとうことになるのですが(笑)

この会場は学生なら無料で使うことができます。

「とりあえずイベントやってみたいけど、赤字が怖い…」

そんな人におすすめの場所です。ぜひ使ってみては?

詳しくは下の画像をクリック ↓

何か新しい挑戦をしたい人、ぼくと一緒にイベントやりましょー!

The following two tabs change content below.

やまりょう

1996年12月6日生まれ。本名は山口遼大(ヤマグチリョウタ)。 埼玉大学経済学部に所属する大学3年生で、2017年10月~2018年10月まで休学中。 “新しい時代の生き方を考える”をテーマとした個人ブログ「Ad-Libi」を運営し、「好きを仕事にする」ことに対するハードルを下げるための情報を発信。起業家やフリーランスのリアルに迫る取材活動を行う。また、ライターとして外部メディアでの記事執筆も担当している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です