クラウドファンディング成功に必要なストーリー性の伝え方

どうも、やまりょうです。

最近、身の回りでクラウドファンディングに挑戦する人が増えてきています。
かくいう自分もCAMPFIREを使って12万円ほど集めた経験があります。

周りを見ていると、やっぱり成功する人と失敗する人がいるんですよね。
この違いってどこにあるのかなと、今回は考えてみます。

クラウドファンディング成功のコツってやつですね!

クラウドファンディングってなに?

「そもそもクラウドファンディングってなに?」って人のために、簡単にご説明を。

クラウドファンディング(英語: Crowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。ソーシャルファンディングとも呼ばれる。

引用:クラウドファンディング – Wikipedia 

クラウドファンディングは、インターネットの持つ「不特定多数とつながれる」特徴を活かした、新しい資金調達の形です。
もともとはスタートアップの企業などがサービスや製品を開発する際に、資金調達の手段として用いられていました。

そこからCAMPFIREのような少し毛色の違うサービスが登場しました。

企業だけじゃなく、個人レベルで用いられるようになったんですね。
「こんなことやりたいんだけど、お金が必要なんです!」
こんな時、今までは資金調達のハードルが高く、諦めることが多かったと思います。

そうした問題を解決する新しい手段として、クラウドファンディングが用いられるようになりました。
1か所からまとまった資金を調達するのではなく、たくさんの人から少額のお金を集める。
まさに現代だからこそできる形ですよね。

もっと詳しく知りたい方は、以下の記事などが参考になります。

参考:クラウドファンディングとは – クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)

クラウドファンディングで成功する人、失敗する人

クラウドファンディングによって、資金調達のハードルが下がったのは事実。
しかし、なんとなくで始めて上手くいくほど簡単なものでもありません。

そこには、お金を集めるにあたって背負う責任や、多くの人を巻き込むセンスが必要です。

以前、8か月で3600万円を調達した木村昌史さんという方が書いた記事を読んだのが印象に残っています。
そこではクラウドファンディングを成功させるための3つのヒントが書かれていました。

その中の1つに注目して、成功する人と失敗する人の違いを考えます。

知った人に共感してもらえる「ストーリー性」が重要

クラウドファンディングにおいて重視されるものの1つが「ストーリー性」です。
「なぜ、このプロジェクトをやろうと思ったのか」言い換えれば、「なぜ自分じゃなければいけないのか」という部分。

ここを伝えることが、クラウドファンディング成功のための重要なポイントです。

普及し始めたとはいえ、まだ一般的とは言えないクラウドファンディング。
それを使ってお金を集めるという選択をしたということは、何かそれなりの理由があると思います。
あとはそれを上手く伝えること。

 

自分の持っているストーリー性や熱量を効果的に伝えるためにはどうしたら良いでしょうか。
おすすめの方法は「顔を出してのメッセージ動画」です。

その理由は大きく2つあります。

1つが、短い時間で、多くの情報を伝えられること。
情報があふれる今の時代、できるだけ短い時間で、分かりやすい形で、自分の想いを伝える必要があります。

そのために動画という手段はとても有効です。
文章を読むのに比べて、動画は受け身で情報を得ることができるということもあり、閲覧のハードルは低いです。

もう1つが、顔の見える安心感。
見ず知らずの人にも支援をお願いすることになるクラウドファンディング。

「この人信頼できるのかな?」っていう疑念は当然浮かんできます。
そんな時に、顔が見える安心感ってめちゃめちゃ大きいです。

以前取材した志藤大地さん率いるLES WORLDも、クラウドファンディングにおいてメンバーの思いを動画で伝えていました。
そして200%を超える支援額を達成しています。

世界一周旅行者が率いる「LES WORLD」とは?旅×エンターテイメントを仕事にする集団について話を聞いてみた。

2017.11.20

以上の理由から、クラウドファンディングの際は「顔を出してのメッセージ動画」がオススメです。
ぼくの場合は、最初は動画なしでプロジェクトをスタートしたのですが、支援終了の少し前にメッセージ付きの動画を投稿しました。
結果的に目標金額を達成することができたので、ここは大切なポイントではないでしょうか。

〇成功する人・・・自分の中の「ストーリー」を分かりやすく、かつしっかりと伝えている

×失敗する人・・・「これをしたい!」が先行しすぎて、ストーリーがはっきり見えてこない。「なぜ?」を簡潔に伝えられていない。

クラウドファンディングは決して簡単にお金を集められるわけではない。

世間的にも認知度がだいぶ高まってきたクラウドファンディングですが、そうした中で「とりあえず立ち上げてみました」的な企画も増えているように感じます。
従来よりハードルが下がったとはいえ、決して簡単にお金を集められるわけではありません。

募集する段階でも、多くの人に届けるために宣伝活動などを行ってアピールしていく必要がありますし、資金が集まったあとも、支援してくれた方へ責任をもってリターンを提供する必要がでてきます。

そうした活動はかなり時間と労力を使います。
なので、2人1組など、チームで分担して活動するのが個人的にはオススメです。

これにより仕事量の削減につながりますし、自分だけではリーチできない層にアプローチすることができます。

いずれにせよ、うまく使えば大きな目標を実現するための重要なツールになってくれることは確か。
上手に使いこなして、目標の実現に役立ててほしいなと思います。

The following two tabs change content below.

やまりょう

1996年12月6日生まれ。本名は山口遼大(ヤマグチリョウタ)。 埼玉大学経済学部に所属する大学3年生で、2017年10月~2018年10月まで休学中。 “新しい時代の生き方を考える”をテーマとした個人ブログ「Ad-Libi」を運営し、「好きを仕事にする」ことに対するハードルを下げるための情報を発信。起業家やフリーランスのリアルに迫る取材活動を行う。また、ライターとして外部メディアでの記事執筆も担当している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です