【オリジナリティってどうやって出す?】polcaから、ブログのめちゃめちゃ素敵なロゴが出来上がった話をします。

どうも、やまりょうです。

昔から見てくれていた方は気づいていたと思うんですけど、ブログのロゴが出来ました。(もう3か月ぐらい前。すぐに記事にするべきだった…)
今日は、

「このロゴがどうやって出来上がったのか」

「ロゴに込められた意味」

「オリジナリティのあるデザインとは」

ということについて、書いてみます。
ブログのロゴを作ってみたい人や、このロゴの意味を知りたい人、オリジナリティって何かに興味がある人はぜひ読んでみてね。

きっかけはpolcaのリリース。ダメ元で企画開始。

時は8月10日。
クラウドファンディングサービスでおなじみのCAMPFIREから、あるアプリがリリースされました。

その名も「polca」。
このアプリが、ぼくのブログのロゴづくりのきっかけを作ってくれました。

身近な友だち同士ではじめる、
フレンドファンディングアプリ。

やりたい事を思いついたら、企画をたて、必要な金額を友だち同士で集めることができます。

※フレンドファンディングとは、友だち(friend)と、資金調達(funding)を合わせた造語です。

引用:https://polca.jp/

友達同士の小さな経済圏を実現するこの「polca」。
自分のやりたいことを企画として立て、それを見て「面白い!」とか「頑張れ!」と思った人が支援してくれる、とてもシンプルで暖かいアプリでございます。

多くのインフルエンサーたちがこぞって注目したこともあり、リリース当初は特にものすごい盛り上がりを見せました。
ぼくのタイムラインはpolca一色(笑)
そんな流れなので、当然ぼくも「やってみよう!」となったのでした。

立てた企画がこちら。

 

良く集まったな本当に。

「ブログのロゴを作りたい!」というぼくの完全なワガママに対し、10人の人が支援してくれました。
その節は本当にありがとうございました。

だいぶ遅くなってしまいましたが、この場を使って支援いただいた方のお名前を記載させて頂きます。

改めて、本当にありがとうございました。
そしてご紹介が遅れてしまい申し訳ございません。

polcaから起きたもう1つの奇跡。デザイナー現る。

こうして無事5000円が集まったのですが、具体的にはまだ何も決まっていなかった…(笑)
そもそもザックリ見積もったので5000円でロゴが作れるのかも不明でしたし、どこで誰に依頼しようかなど全く見当がついてませんでした。

そんな時、奇跡は起きた。

Facebookにてpolcaに関する投稿をしていたところ、友人のシェアがきっかけで

???「 面白そう、というかデザインしたい。」

という方が現れたのです。
マジかよ…

そのお方の名前は狩野祐司さん。
独立して自分の事務所を持っているガチのデザイナーさんです。

デザイン事務所グッドシグナル

そんな方がわずか5000円で、ぼくのブログのロゴデザインを引き受けてくれるというのです。
「え、本当?なんでまた…」
その時は完全に謎でした。

とにもかくにも、1度会いに行くことに。
そこで、今回の企画に乗っかってくださった理由を知りました。

「独立1周年の節目に、何か面白いことを。」そんな中での偶然の出会い。

早速狩野さんに会いに埼玉県の戸田市に向かいます。

温かく迎えてくださった狩野さん。そして今回の企画に乗っかってくれた理由について聞いてみました。

「実は、ちょうど独立してデザイン事務所を始めてからちょうど1年の時期なんです。
『何か面白いことしたいな~と思っていたら、たまたま面白そうな投稿を発見して。
ぜひやらせて頂きたいと思ったんです。」

それが答えでした。
偶然の出会い。本当に人生って面白いなと思った瞬間でした。

そしてこれを聞いて、ぜひお願いすることに決めました。

デザインを作るにあたって、色々と話をすることに。
ぼくのブログに対する気持ちやイメージ。育った環境とかも詳しく話していきました。
すごく丁寧に仕事をされる方なんだなとすぐに感じました。

それから何度かの打ち合わせやメールでのやり取りを繰り返して、少しずつイメージが固まっていきます。
そして出来たデザインはなんと5つ…!

それらの中からぼくが1つ選ぶという形で決定しました。

キーワードは「思考」と「コミュニケーション」。ロゴに込められた思い。

そしてついに出来たデザインが、現在ブログで使っているこちらのデザイン。
めちゃめちゃお気に入りです。

そもそも「アドリビ」という名前の意味から説明しますと、ラテン語で”自由に”を意味する音楽用語「ad-libitum」の略語です。
最初はアドリブにしようと思っていたんですが、もうちょっと捻りが欲しいなと思い、この名前になりました。

余談ですが、狩野さんはこのタイトルをめっちゃ深読みしていてくれて、

「『アドリブ』と『リビング』がかかっているのかと思いました!」と言われました。

それめっちゃ良い。そういうことにしよう。
その通りです。そこに気づくとはさすがですね。

 

さて、いよいよこのロゴに込められた意味をお伝えしたいと思います。

ここで表されているのはずばり、「思考」と「コミュニケーション」。

線の起点であるドットの部分は「人、集団、組織、個々の概念」の象徴です。
このブログには様々な人たちが登場しますが、そうした人たちを表しているわけですね。

そしてそれらを結んでいる線は「思考」と「コミュニケーション」を表します。
このブログは人と人のコミュニケーションが見える場所でもあり、そして自分自身の思考が記される場所でもある。

そして自分自身の思考は時に遠回り(ロゴのd,L,b)をしながら進んでいく。
そうした試行錯誤の場所であることも表現されています。

…超ステキじゃないですか?
もうこれを最初見た時に感動しました。

「デザインって、ロゴってこういうものなんだ…!」

そう思ったんですよね。
何となく「それっぽい」デザインじゃなくて、思いが形になって出来上がるデザイン。
そうしたデザインの素晴らしさを知るきっかけになりました。

もし何らかのロゴを作りたいと思っている人がいたら、しっかり自分のイメージを伝えましょう。
きっと本当の意味で「オリジナル」な作品が生まれますよ!

素晴らしいロゴに恥じぬようなブログにしていきます。

自分の思いを伝え、とっても素敵なロゴを作ってもらいました。

もっとたくさんの人に会って、記事を書こう。
悩みながらでも、もっとたくさん自分の考えを発信していこう。

ロゴが出来て満足。ではなく、このロゴの世界観をちゃんと具体化していきたいなと、今回の記事を書いていて改めて思うのでした。

The following two tabs change content below.

やまりょう

1996年12月6日生まれ。本名は山口遼大(ヤマグチリョウタ)。 埼玉大学経済学部に所属する大学3年生で、2017年10月~2018年10月まで休学中。 “新しい時代の生き方を考える”をテーマとした個人ブログ「Ad-Libi」を運営し、「好きを仕事にする」ことに対するハードルを下げるための情報を発信。起業家やフリーランスのリアルに迫る取材活動を行う。また、ライターとして外部メディアでの記事執筆も担当している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です